生命保険 見直し

どんなときが生命保険の見直しのタイミングなのか

長い人生において大事なイベントが沢山あります。その人生のポイントとなるところで生命保険の見直しをするタイミングです。まず就職するにあたり1人前の社会人になり親元から独立します。その時に最低限の何かあったときの保障として保険を組みます。若いので保険料が安いメリットがあります。次に結婚、出産と一家の大黒柱になり稼ぎ頭が倒れたら家族が路頭を迷うことになります。保障を厚くして子供の将来も考えて組み立てます。マイホームを持つと団体信用保険に加入しますので保障金額を少し下げることで毎月の保険料を安く抑えることができます。子供の独立、退職になりますと肩の荷が少しおりた感じになります。ここでも必要保障額を下げて老後資金に回せることができます。各イベントで生命保険の見直しをすることが保険を有効的に使うことができます。またライフプランは人それぞれ違いますので生命保険の見直しをする場合は知識豊富な専門家に相談すると納得できます。
参考)生命保険見直し突撃隊【自分に合った生命保険はこう選べ!】

生命保険に関するお客様と会社のトラブルに金融adr

生命保険を通じてお客様とのトラブルが発生することもあります。保険内容や保険金の違い、言った言わないなどビジネスにおいても問題はよく起きます。その場合は、まずお客様と生命保険会社が話し合い問題を解決に向かわせます。それでも解決できなければ中立な第三者機関の金融adrを利用します。金融adrとは裁判外紛争解決手段と言いまして保険の分野だけでなく金融全般のトラブルにも活用できます。金融、保険分野で知識の高い弁護士、消費者生活相談員、生命保険相談所の職員で構成され金融庁の監督のもと活動しています。契約の締結や調停案の作成、権利の時効停止などの権限も備えており、お客様と生命保険会社とのトラブルをスムーズに解決させる手助けができます。またこの機関がなければ紛争解決場所は裁判所ということになります。そうなるとお互いの時間や金銭など無駄な労力をかけなければなりません。この金融adrはお客様と生命保険会社の双方の味方です。

生命保険料控除を受けるためにはどうするのか

生命保険(共済を含む)に加入している場合、多くは「生命保険料控除」の対象になります。ただ、一部の共済では適用されませんが、加入書類にその旨は明記されているので対象かどうかは分かるようになっています。 さて、毎年10月頃に、保険会社から「生命保険料控除証明書」(会社によって名称に若干の違いがあります)が送付されます。ハガキ大のものも多いのですが、見逃さないように大切に保管しましょう。そして、給与所得者であれば年末調整の時、事業主などであれば確定申告の際に、書類に添えてこの証明書を提出すれば、生命保険料控除として、所得税または住民税の一部が還付されて還ってくるのです。 ただし、年間に支払った生命保険料が一定額(所得税では100,000円、住民税では70,000円)を超えると控除の上限はそれぞれの額の半額、つまり所得税では50,000円、住民税では35,000円となります。ですから、生命保険料を多く払っていればその分控除されるわけではないので注意しましょう。